抗炎症、抗菌作用効果

ローヤルゼリーのアナフィラキシーの原因になる場合

栄養分に優れた健康食品の一つであるローヤルゼリーは、ミツバチが花粉や花の蜜を体内で再合成することによって作られる、非常に豊富な栄養素を含んだ食品です。
なかでもビタミンB群やアミノ酸が豊富で、サプリメントから栄養を補うよりも効率的に栄養補給ができるので、美肌や血流改善、生活習慣病の予防など美容や健康に良い影響をもたらします。
しかし、このローヤルゼリーが逆に健康にとって良くないとされる場合があります。

花粉症やアレルギー症状をお持ちの方に関しては、ローヤルゼリーを口にしたことによってアレルギー反応が出やすくなるほか、「アナフィラキシーショック」と呼ばれる症状を発症する危険性があります。
アナフィラキシーショックというのは、アレルギー症状を引き起こす「アレルゲン」が繰り返し体内に侵入することで免疫機能が反応し、浮腫や嘔吐、呼吸困難や失神などの深刻な症状を発するというものです。
ハチやクラゲなど強い毒を持つ生物に刺された場合アナフィラキシーショックを起こしやすいのですが、アレルギー体質の方の場合はちょっとした食品からでもアナフィラキシーを引き起こす可能性があり、注意が必要です。

最近ではそれらの危険性を考慮し、ローヤルゼリー内のタンパク質をアミノ酸などの無害なものに替えた製品も登場しています。
ローヤルゼリー自体は豊富な栄養素http://www.yoshidasoba.jp/houhu.htmlを含む優秀な食品ですので、こうした食品を摂取してリスクを回避する方法もまたおすすめです。
上記のような食品ではなく、あくまで本物のローヤルゼリーを摂取したい!と思う場合はまず一度アレルギー検査や医師の診断を仰ぎ、ローヤルゼリーを摂っても良いかどうか確認されることをおすすめします。
人によってはどんなに少量であってもアナフィラキシーショックを引き起こす可能性がありますから、まずはそうしたリスクを考慮し、必ず家族や友人などに万が一の事態が起きる可能性を伝えたうえで、摂取するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 体の健康の為に必要な栄養素 All Rights Reserved.