抗炎症、抗菌作用効果

ローヤルゼリーの副作用

ローヤルゼリーはミツバチの生活を支える貴重な食品です。
人間にとってもさまざまなメリットがあり、美肌や血圧のコントロール、生活習慣病の予防や身体に不足した栄養素を補給できるなど、健康維持にぴったりの食品でもあります。
しかし、ローヤルゼリーにも少なからず副作用というものが存在します。

薬ではないのでそれほど心配する必要はありませんが、最初からローヤルゼリーの摂取に向かない人がいるということも覚えておかなければなりません。
ローヤルゼリーの摂取に最も注意が必要なのは花粉症やアレルギー体質の方です。
ローヤルゼリーはミツバチが花粉や花の蜜を集めて作った食品のため、原材料に大量の花の花粉が使われています。

そのため、花粉症を一度でも発症したことがある方、もしくは花粉症疑いのある方はローヤルゼリーを少し摂取しただけで咳や鼻水が止まらなくなったり、またアレルギー体質の方はアナフィラキシーショックを起こす危険
性も指摘されていますので、医師の診察を受けるなどしてから摂取する必要があります。
次に、ローヤルゼリーの副作用としてはアトピー体質や皮膚病にかかっている方についても注意が必要です。

体内の免疫システムがローヤルゼリーをアレルゲンと認識した場合、それらが刺激となり皮膚が過敏に反応してさらなる皮膚病につながる危険性もあります。
少しでも痒みや赤みが出たらすぐに使用を中止してください。
ローヤルゼリーは自然由来の豊富な栄養素を持つ食品ではありますが、原材料が花粉などから出来ていることだけは押さえておきたいポイントです。
上記以外で副作用はほとんど確認されていませんが、胃腸が弱い方は過剰摂取するとお腹が緩くなる可能性がありますので、一日の必要量より少ない範囲で摂取する必要があります。
特に「生ローヤルゼリー」や「乾燥ローヤルゼリー」などは新鮮な状態を保っている反面、効果も強く出るおそれがあるので体調と相談しながらの摂取をおすすめします。

Copyright(C) 2013 体の健康の為に必要な栄養素 All Rights Reserved.