抗炎症、抗菌作用効果

ローヤルゼリーのコレステロールを低下させる働き

近年、コレステロール値のバランスを保つはたらきがあるとして注目が集まっている「ローヤルゼリー」。
ミツバチが女王バチのために生産する食べ物ですが、人間にとっては血圧やコレステロールをコントロールする力があるとして期待が高まっています。
コレステロールが上がる大きな原因には遺伝、生活習慣、病気の3種類がありますが、特に食事を含めた生活習慣がもっとも直接的に関わる原因であると言われています。

逆に言えば、コレステロール値は毎日の食生活を改善するだけでも十分に改善することが可能です。
偏った食べ物を口にしないことはもちろんですが、それ以外にもローヤルゼリーの持つパワーを日常的に摂取することで体調の改善を目指すことができます。
ローヤルゼリーにはコレステロール値を下げるビタミンB群、パントテン酸が含まれておりさらに動脈硬化を予防するアミノ酸が含まれています。

アミノ酸といえば筋肉を動かすのになくてはならない栄養成分ですが、実はコレステロールを正常に保つためにもアミノ酸の活躍が欠かせません。
ローヤルゼリーには、脂肪を効率良く代謝し、コレステロール値を低下させるメチオニンをはじめ、人間が自力で生成できない必須アミノ酸がすべて含まれています。
しかもアミノ酸のはたらきを邪魔しないミネラルやカルシウム、たんぱく質などといった栄養素もバランス良く配合されており、摂取するだけでプラスにはたらいてくれる食品でもあるのです。

しかし、人の身体は生まれてから死ぬまで日々老化していきます。
筋肉や骨の衰えはもちろんですが、目に見えない血管の衰えも加齢の前に防ぎきることはできません。
血流の停滞、血液を効率的に循環させるシステムにも錆びつきが生じて、コレステロール値は簡単に上昇してしまいます。

年齢を重ねた方ほど、毎日の食生活の栄養バランスが重要になってきます。
コレステロールが血液中に増えれば、それだけ身体の錆びつきは早まっていきます。
病気の予防http://www.villevoiceeats.com/seibu.htmlおよび体内のアンチエイジングのために、ぜひローヤルゼリーを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2013 体の健康の為に必要な栄養素 All Rights Reserved.