抗炎症、抗菌作用効果

生ローヤルゼリーと調整ローヤルゼリーの違い

女王バチのみが口にできるとされている天然の栄養源「ローヤルゼリー」。
日本では高級な健康食品であると同時に、美容やアンチエイジングのための食べ物として人気があります。
ローヤルゼリーは大きく分けて「生ローヤルゼリー」と「調整ローヤルゼリー」の二種類が販売されており、サプリメントとして口にする場合はあまり関係ありませんが、ローヤルゼリーそのものを摂取する場合は少々意識したいポイントです。

生ローヤルゼリーは、ミツバチの巣からそのまま採取し、乾燥など余計な加工をせずできるだけ新鮮な状態で瓶詰めを施した製品になります。
もちろん摂取したものをそのまま瓶に詰めたわけではなく、不純物などは取り除かれています。
生ローヤルゼリーのメリットは何といっても、女王バチが口にするものとほとんど同じ状態を保っているので、栄養成分もそのままに摂取できるというところです。

色は乳白色で若干粘性のある液体状の感触をしており、ゼリーというよりはジャムに近いような形状が特徴的です。
人間の体内で作りだせない必須アミノ酸を全て含んでおり、合計で40種類以上の栄養素をそのまま含んでいます。
それに対して調整ローヤルゼリーというのは、生ローヤルゼリーにはない風味や利便性を考えて調整された製品を指します。

ハチミツなどの甘味を加えて味付けされていたり、あるいは飲みやすいよう糖衣錠やドリンクタイプに加工したものも含んでいます。
調整ローヤルゼリーのメリットは、サプリメントやカプセルなどから手軽に摂取できるという点です。
生ローヤルゼリーは賞味期限や保存に気を使わなければなりませんので、異動が多い方や生活が不規則な方にはあまり向かないかもしれません。
調整ローヤルゼリーは内容量の全体の6分の1以上がローヤルゼリーでなければならず、これより少ないものはローヤルゼリーを謳うことはできません。
しかし逆に6分の1きっかりに抑えてあったり、副材料として添加物がたくさん混ぜ込まれている場合もありますので、本物を口にしたい方は生ローヤルゼリーの方をまずおすすめします。
また、ローヤルゼリーの体験談なども参考にしてみてください。

Copyright(C) 2013 体の健康の為に必要な栄養素 All Rights Reserved.