抗炎症、抗菌作用効果

食物アレルギーに注意

100%天然由来の食品として古来より重宝されているローヤルゼリーは、お子さんからご高齢の方まで誰もが気軽に口にすることのできる食品です。
しかし、どの食品でも言えることですがすべての人が健康に問題なく食べられるというわけではありません。
ローヤルゼリーは花の花粉やミツなどをミツバチが食べ、体内で分解して再合成した物質です。

そのため、花粉症の方はもちろんアレルギー体質である方は特に注意しなければなりません。
いわゆるアレルゲンとなり、体内にローヤルゼリーを取り入れた瞬間アレルギー症状を発症するおそれがあります。
子供から大人まで誰もが食べられる食品ではありますが、逆にアレルギー体質の方は年齢にかかわらず摂取しないよう注意が必要です。

食物アレルギーの方もローヤルゼリーには注意しなければなりません。
人間の身体に備わっている免疫というのは、いつどこでどんな食品に反応するか未知な部分があります。
そのため、食品に何らかのアレルギーを持っている方はローヤルゼリー自体がアレルゲンとして刺激になる可能性があり、咳や肌のかゆみ、鼻水や涙が止まらない、最悪の場合呼吸に不調をきたしたりアナフィラキシーショックを発症する危険もあります。

花粉症もしくはアレルギーを持っているけれどどうしてもローヤルゼリーを食べたい、という方もいるかもしれませんが、まずは一度医師の診察を受けてから摂取するようにしてください。
また、一人きりの時に摂取すると万が一の事態が起きても対処できない可能性があるため、必ず身内や知人の方がいる所で摂取するようにします。
口にするローヤルゼリーも、一日の用量をそのまま口にすると危険ですので少量から始めてみましょう。
また、採れたてをほとんどそのままの状態で瓶詰めしている生ローヤルゼリーではなく、さらに配合率の低い調整タイプのローヤルゼリーを使用する、あるいはドリンクやキャンディなどの加工品を用いるようにすると安心です。
また、よく混同されがちなローヤルゼリーと蜂蜜の違いについても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 体の健康の為に必要な栄養素 All Rights Reserved.